ルーテシア

2010年3月29日 (月)

車載PCのノイズ対策(やっつけ編)

★『Navii メニューバー』はこちらへどうぞ。(12/13 更新)


ルーテシアの純正オーディオに車載PCをAUX接続。WinampでMP3を再生してみたが、ノイズがひどくて聴けたものではない。アースをちゃんと取らなきゃダメかも、と思う。が、どうやって?

と、ACアダプタのコネクタの外側(マイナス)に銅線をぐるぐる巻いて、反対側をシートレールに巻きつけてみた。とりあえずそれでノイズはおさまった。

【つづく】




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

カーポートを自作する

★『Navii メニューバー』はこちらへどうぞ。(4/9 更新)

C4
このところ何をしていたかというとカーポートを作っていたのでした。なぜかというと車を買い換えたから。今度もルーテシアです。中古車ですが。買って1ヶ月もしないうちにモデルチェンジがあり現行モデルじゃなくなってしまいました。ちょっと悔しい。

カーポートは、近くのホームセンターでアルミ材とポリカの波板を買ってきて自分で作りました。母屋の柱と梁を利用しているので、実際に作ったのは屋根の部分だけです。



【つづく】

【2010/4/11 追記】

“カーポート 自作”のキーワードで訪問してくださる方が多いので、少し詳しく製作過程をご紹介したいと思います。が、うちの場合はあくまでも、古い農家の丈夫な梁と柱を利用できたので屋根だけを作ればよかったという恵まれた状態であったことをご理解の上ご覧ください。

Cp010 まず、5cmx5cmで長さが3.7mのアルミ材を3本、梁から縦向きに仮固定。この部分が、テコで言えば“支点”になります。3.7mではカーポートとして少し短いようですが、この梁の奥にさらに1mのスペースがありますので、合計4.7m。普通の5ドア車には十分なスペースになります。ちなみにこのアルミ材が、ナフコで1本、\5,000でした。


Cp020 上記の“支点”から1メートルほど離れた2本の柱の間に4mの単管パイプを渡し、その上に3本のアルミ材を乗せています。ここがテコの“力点”になり、カーポート全体の重量を支えます。太目のL字金具を6mmの木ネジ5本でで固定しています。この後、上下動を防ぐために、同じL字金具で上下からはさみ込むような構造に変更しました。


Cp030 3本の縦のアルミ材に交差させ、横に4本のアルミ材を固定します。こちらも長さは縦材と同じ3.7m、太さは4cmx2cmです。アルミ材同士を6mmのボルトで固定するため、穴あけには電気ドリルを使用しました。


【つづく】




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

トラブるーテシア

先日オカマほられた修理が終わったと思ったら、今度はエンジン不調(Dレンジに入れるとエンジンストップ)でルーテシア再入院。今年の後半だけで、スターター不調に冷却水漏れ、それから今度のエンジン不調と、エンジン関係ばかり3回もトラブルが起きている。

「もう10年やし、あかんのかな?」と思う反面、「今年これだけ悪いところを替えとけば、また当分のれるやろ!」との思いもある。他に乗りたい車もないし。ディーラーの展示場を見たら、2007年のルーテシアele(試乗車ゆえ2年で走行100km)が139.8万だと。お買い得なのだろうな、と思う。買う金があれば。

NMB1.1は予定通り日曜日の夜までに公開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

ルーテシア、雨漏りする の巻

このところ中国地方は凄い雨。おかげで、うちのルーテシアもとうとう雨漏りが始まってしまいました。ルームランプ付近から漏っているので、どうやらルーフのアンテナ基部から浸水している模様。おまけにドアロックのリモコンまで効かなくなる始末。梅雨明けはまだ先のようなので、今日中に修理しておいたほうがよさそうです。

こじこじ
これがルームランプのカバー。ランプの他に、サンルーフのスイッチやリモコンドアロックの受光部が付いています。まずはこれをマイナスドライバーでこじって外してみましょう。

ぱかっ
すると中にカバーを固定しているツメが見えるので、それをひとつずつ外してゆくと・・・

がばぁっ!
がばぁっ、と全体が外れます。

もりもり
このナットが緩んで雨が漏っているようです。が、ふと外したカバーの裏を見ると・・・

ふショック!
うわ、リモコン受光部の基盤がなんか腐ってますね。位置的に、漏ってきた雨が直接この上に降り注いでいたようです。なんということでしょう!

ねじねじ
とりあえず緩んだアンテナ基部のナットを締めなおしておいて

ごしごし
水滴でやられた基盤を磨きなおしました(歯ブラシで)。これでリモコン機能も復活です。

あとは部品を元通りに付け直して作業は完了。しかしアンテナ線を引き込むための穴の直下にリモコンの基盤を剥き出しで設置しているのはどういう設計でしょうか? 再び雨が漏ったときのことを考えて、基盤の上にはクレラップでカバーをしておきました。

【つづく】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

. | Navii メニューバー | ルーテシア | 自転車 | 車載PC